令和時代に不労所得100万円/月を目指すサラリーマンのブログ

ダメリーマンのよしろうが株、積み立てNISAを中心に儲かるのか実際に投資した結果を報告していきます。

くりっく株365 FTSE100 1/14運用結果

【2019年1/14.運用結果】

昨日は、7174→と7135と−39ポイント減⤵️で含み益が+11200→7900円と下げ。

利確するタイミングを失いました(^◇^;)一時期含み益が6000円を切っていましたが、なんとか戻した格好です。今週1/16にはEU離脱案の採決があり、このイベント前後は要注意かと思っています。

f:id:zinvest:20190115070806p:imagef:id:zinvest:20190115070809p:image

以下に積立内容をまとめてます。

【積立内容】

▪️投資目的

中期買い保有による差益、配当金狙いです。年間で配当金は約23000円を受理できます。ただし、ロスカットされた場合は除く。

※注意点として今年3月のEU離脱で合意なしなどリスク兆候が出たら一旦整理して、売りによる差益狙いも、視野に入れています。

▪️運用期間

→2018年12/31〜

▪️使用している証券会社

岡三オンライン証券  くりっく株365

▪️投資先

→FTSE100  イギリスの主要100社の株価指数

で必要証拠金が26000円と主要4カ国で最も少なく、配当金のリターンが大きい。

▪️保有ポイント及び枚数

→7084P買い×1枚(2018  12/31)

▪️必要最低証拠金

→26000円

▪️レバレッジ

→約16倍  真似しないように(^◇^;)

▪️損切りライン  

ロスカット26000円

▪️FTSE100のメリット

買いで保有すると年間配当金が1枚当たり、約23000円有り(金利分7000〜8000円を控除済→約30円/1日マイナスとなります)

▪️FTSE100のデメリット

EU離脱(ブレグジット)で先行き不透明感大きい。大暴落の可能性有り。

ちなみにブレグジットとは「ブリティッシュ・エグジット(英国の離脱)」を縮めた単語。